• 印刷する

大邱空港の利用客、路線多様化で18%増加

大邱国際空港の2019年1~11月の利用客数は433万3,371人で前年同期比17.7%増加した。日韓関係の悪化により日本路線が縮小した一方で、アジア地域に路線を多様化したことで2桁増を記録。通年では465万人に達する見通しだ。

大邱空港の1~11月の国際線利用客は約240万人、国内線は同期間で約192万人だった。全体の増加率は主要空港の仁川空港(4.4%増)を大幅に上回った。

大邱空港は今年1月時点で日本路線が8路線あったが、12月には東京、大阪、福岡の3路線に縮小。ただ、国内線2路線をはじめ、中国、台湾、ベトナム、フィリピンといったアジア路線を15路線に拡大させたことで、利用客増につなげた。

大邱空港の利用客は多くが韓国人であるため、「外国人客を誘客できなければ高い増加率は維持できない」との指摘もある。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、34人増の1万4660人(11:34)

テイクオフ:韓国の人権弁護士団体が…(08/11)

5Gの現在地、品質道半ば LTEの4倍程度、技術革新必要(08/11)

新型コロナ感染者、28人増の1万4626人(08/11)

サイネージで新技術、サムスンとLG(08/11)

サムスン、印スマホ市場でシャオミに後塵(08/11)

LG電子、ホテルで配膳ロボットサービス(08/11)

SK、中国データセンター社に317億円を投資(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン