• 印刷する

テイクオフ:「ここは日本だから、焼…

「ここは日本だから、焼き肉を食べても大丈夫」。東京都内の自動車整備工場で働くネパール人の男性。牛肉を食べないとされるヒンズー教徒ながら、日本での生活を楽しんでいる。10年後にはネパールで整備工場の社長として独立する、と人生設計も明確だ。一方、同じ工場のフィリピン人技能実習生の男性は「実習生」の低い待遇に不満だ。「英語が通じるオーストラリアの給与のほうが高い」と離職もちらつかせる。

中国では昨年、就業者が初めて減少に転じた。世界中で労働力の奪い合いが始まるこの時代、外国人労働者はもはや、「口説いて、日本に来ていただく」存在なのかもしれない。

まもなく迎える年越しの瞬間も、アジアから来た多くの若者が日本の現場を支えていることだろう。来年が良い年になるよう願うとともに「母国に戻っても笑顔で活躍してほしい」と思わずにはいられない。(遠)


関連国・地域: フィリピン日本ネパール
関連業種: 雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

帰国邦人専用PCR施設、グルガオンに設置(05/13)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(05/14)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/14)

【アジア三面記事】学友3人救った青年(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

JOGMEC、比の石油備蓄構築へ調査(05/14)

最低賃金上昇率、アジア18カ国で韓国が最大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン