• 印刷する

越境EC総合試験区、24都市に新設

中国国務院(中央政府)は24日、クロスボーダー電子商取引(越境EC)総合試験区を24都市で新設することを認可したと発表した。

新設が認可されたのは河北省の石家荘市、山西省の太原市、内モンゴル自治区の赤峰市、遼寧省の撫順市、吉林省の琿春市、黒竜江省の綏芬河市、江蘇省の徐州市と南通市、浙江省の温州市と紹興市、安徽省の蕪湖市、福建省の福州市と泉州市、江西省のカン州市(カン=へんが章でつくりが夂の下に貢)、山東省の済南市と煙台市、河南省の洛陽市、湖北省の黄石市、湖南省の岳陽市、広東省の汕頭(スワトー)市と仏山市、四川省の瀘州市、青海省の海東市、寧夏回族自治区の銀川市。

設置に向けての具体的な作業は各省・自治区政府が進める。国務院はこれまでに設立を認可している越境EC総合試験区の施策をベースに、増値税や消費税の免税措置を導入するよう指示。一方でネットワークや取引の安全性、輸出入する製品の品質水準を確保するよう求めている。

越境EC総合試験区は、越境ECの管理モデルや情報システムの整備などにおける先行試験エリアで、2015年3月に浙江省杭州で最初に設置された。今回が4回目の認定で、累計の認定都市は59都市となった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国のインフラ整備は停滞 シンクタンク、コロナの影響指摘(04/02)

テイクオフ:自宅隔離になって折り返…(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

財政出動でインフラ投資促進 専項債を前倒し、上期に集中発行(04/02)

今年のNEV生産160万台に、補助金延長で(04/02)

強制検疫の適用除外、企業の申請始まる(04/02)

財新製造業PMI、3月は50.1に拡大(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン