【ラオス経済通信】11月のインフレ率は5.92% 第144回

ラオス計画・投資省統計センターの発表によると、2019年11月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年同月比で5.92%、前月比では0.36%だった。インフレ率は10月、前年同期比で14年4月以来初めて5%を超えており、今後も高い傾向が続くとみられる。食品やエネルギーを除いたコ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 農林・水産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

休業中の賃金、労働省が企業に規制順守要請(06/05)

ニコン、タイ・ラオス工場で計700人削減(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

入国の申請手続き、外務省が詳細通達(06/04)

営業再開に感染対策順守を、情報省が通達(06/03)

今年はマイナス成長、ADB根岸氏が講演で(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン