• 印刷する

西ジャワ新空港のアクセス高速道、3月着工

インドネシア西ジャワ州マジャレンカ県のクルタジャティ新国際空港から同州チコポ―パリマナン高速道路(チパリ高速道路)に接続するアクセス高速道路(6キロ)が、来年3月に着工される見通しだ。チパリ高速道路の運営会社リンタス・マルガ・セダヤ(LMS)のフィルダウス社長が明らかにした。11日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

フィルダウス社長によると、アクセス道路の用地買収はほぼ完了しており、来週にも地権者に補償金が支払われる予定。アクセス道路は既存のチパリ高速道路を延伸する形となる。LMSは開通後、政府から運営権の期間延長や、1キロメートル当たりの通行料金を従来よりも増額することなどが認められるようになる。

クルタジャティ空港は6月に供用を開始し、同州バンドン市のフセイン・サストラヌガラ国際空港(通称バンドン空港)を利用していた路線の一部が順次移行している。

フィルダウス社長は、バンドン方面に向かう有料道路として計画されるチレウニ―スメダン―ダウアン(チスムダウ)高速道路の方が、クルタジャティ空港への主要なアクセス道路になると説明した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

商銀の不良債権比率、6月末時点で3.11%(14:28)

出稼ぎ労働者の派遣再開へ、労働省(12:07)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

テイクオフ:日本ではもうすぐお盆。…(08/05)

テイクオフ:コロナ禍でこれまでの習…(08/05)

日用品各社、上期は業績悪化 PSBBで需要減、輸出も不振(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

ダイハツ、8月の生産台数は前月の4倍へ(08/05)

ナンバー規制、交通量・電車乗客に変動なし(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン