• 印刷する

小米が「Redmi」5G機種発表、2千元割れ

スマートフォン世界大手の小米科技(北京市、シャオミ)は10日、北京で新製品発表会を開き、低価格スマホブランド「Redmi(紅米)」で初となる第5世代(5G)移動通信システム対応モデル「Redmi K30」を発表した。価格は、メモリ(RAM)が6ギガバイト(GB)、内蔵ストレージ(ROM)が64GBの仕様で1,999元(約3万900円)に設定された。これまでに各社から発表された5G対応モデルで最安値となる。

ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。Redmi K30はシステム・オン・チップ(SoC)に米クアルコムの「スナップドラゴン765G」を搭載。5Gと第4世代(4G)のネットワークをいずれも利用してサービスを行うNSA(ノンスタンドアローン)方式と5Gネットワーク単独でサービスを行うSA(スタンドアローン)方式に対応する。来年1月に発売する予定。

5G対応のスマホ普及に向けては、価格低下が鍵となるが、雷軍・最高経営責任者(CEO)は先ごろ、「2021年には1,000元で買える5G機種が登場する」と予測したばかりだ。

同日の発表会では、ノートパソコン「RedmiBook」の超軽量13インチ版も発表された。重量は1.23キログラムで、価格は4,199元からとなる。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先月下旬に映画館が営業…(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

自動車ディーラー4割が赤字 粗利率マイナス、苦難の上半期に(08/05)

トヨタ新車販売、1~7月プラス成長に転換(08/05)

佳世達、飲食店の運営可視化サービス提供(08/05)

ウォンやバーツなど12通貨、取引手数料を免除(08/05)

インフラREIT、審査基準などを発表(08/05)

健喬の医薬品、中国でコロナ用に販売申請(08/05)

日本のデジタル印刷板にダンピング課税へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン