豪住宅価格2.4%上昇、2大都市がけん引

オーストラリアの2019年第3四半期(7~9月)の住宅価格が、2.4%上昇し、3年ぶりの伸び幅となったことが分かった。主要都市であるシドニーとメルボルンがそれぞれ3.6%上昇し、全体をけん引した。低金利や融資基準の緩和が背景にあるとみられる。11日付オーストラリアン・ファ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

日本の投資家、豪州の新規国債を嫌気(16:49)

豪1月消費者マインド下落、山火事影響(16:49)

ボタニー港、山火事の煙回避で作業中止(16:49)

テイクオフ:日本で取得していた免許…(01/22)

豪準備銀は炭鉱買収必要に? BISが気候変動対策で警告(01/22)

〔オセアニアン事件簿〕キャンベラで巨大ひょう、NSWは砂嵐も(01/22)

山火事でシドニー空港利用者減、日本人も敬遠(01/22)

山火事とブラックフライデー、豪小売に影響(01/22)

〔オセアニアン事件簿〕新ウイルス感染男性、ブリスベンで確認か(01/22)

豪小売企の閉鎖増加、不動産業界に影響も(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン