• 印刷する

ヤンゴン、スー・チー氏の出廷支援で大集会

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題を巡り、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)で審理が始まった10日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンでは、出廷したアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相を支持する大集会が開催された。ヤンゴンや周辺の管区から数千人が集い、「スー・チー氏とともに」「国の尊厳を守れ」とシュプレヒコールを繰り返した。

国民民主連盟(NLD)などが主催した集会には、スー・チー氏の顔写真を入れたそろいのTシャツを着用した人々が集結。「We stand with Daw Aung San Suu Kyi(スー・チー氏とともに)」の文言とスー・チー氏を描いた大きな看板が立つ舞台で、仏教、イスラム教、ヒンズー教、キリスト教の指導者がそれぞれスピーチ。宗派を超えて、ミャンマー政府の立場を支持すると強調した。

国民民主連盟(NLD)の党員でもあるヤンゴン在住の女性、ティン・ティンさん(56)は「ロヒンギャ問題に関して国際社会には誤解がある」と主張。「スー・チー氏がハーグに出向き意見を述べることで、良い結果が出ると信じている」と語った。

12日まで3日間にわたって公聴会が開かれ、初日はイスラム協力機構(OIC)を代表してミャンマーを提訴した西アフリカのガンビアが、意見陳述。ガンビア側は、「ミャンマー人によるロヒンギャへのジェノサイド(民族大虐殺)は(確実に)行われた。大殺りくをあおる行為は、罰しなければならない」などと主張した。2日目となる11日にはミャンマーが意見を述べ、12日に双方に再度、発言の場が与えられる。

ミャンマー政府は、ロヒンギャ問題はジェノサイドではなく、テロ行為の撲滅が目的だという従来の姿勢を貫くとみられている。

ミャンマーでは国民の大部分が政府の主張に賛同しているが、一部で異議を唱える国民もいる。集会の会場の片隅では若者グループが「ジェノサイドをなくそう」と訴えた。同グループに参加した男性の一人は「調査で全てを明らかにしないと、国軍に操作される今の状態は変えられない」と話した。

ミャンマー政府のICJ出廷に際し、「スー・チー氏とともに」とシュプレヒコールを上げるミャンマーの人々=10日、ヤンゴン(NNA)

ミャンマー政府のICJ出廷に際し、「スー・チー氏とともに」とシュプレヒコールを上げるミャンマーの人々=10日、ヤンゴン(NNA)


関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ欧州
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たに1人感染確認、累計356人に=5日朝(14:31)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

スー・チー氏、カウム郡区で立候補届け出(08/05)

10~7月のCMP縫製品輸出、6千万ドル減(08/05)

ヤンゴンの食品工業団地開発、投資委が認可(08/05)

チャウピュー空港改修、予算5億チャットで(08/05)

労働省、経営者団体の結成を奨励へ(08/05)

感染新たに2人確認、累計355人=4日朝(08/05)

公立病院の患者が増加、医療への信頼高まる(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン