10月の貿易赤字26%減、輸出はプラス維持

フィリピン統計庁(PSA)が10日発表した2019年10月の貿易統計(速報値)で、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支の赤字が32億5,039万米ドル(約3,530億円)となり、前年同月に比べて26.4%減った。貿易赤字は53カ月連続。米中貿易摩擦が長期化する中でも輸出はプラスを維持し…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

19年成長率5.9%に減速 8年ぶり低水準、公共支出鈍く(01/24)

噴煙活動再び、高さ500メートルに(01/24)

噴火の被災者に物資提供、日本政府(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

シェブロンと開発公社の合弁、21年廃止へ(01/24)

マランパヤガス田、19年の生産量は微増(01/24)

メガワイド、南北鉄道2期受注を期待(01/24)

スカイウェイ第3期、6月までに開通(01/24)

リサール銀、19年のATM利用6.5倍(01/24)

バイク配車、試験運用の混乱に決着(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン