ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始

タイの発電会社RATCH(ラート)グループは6日、合弁会社を通じてラオス南部に建設したセピアン・セナムノイ水力発電所が商業運転を開始したと発表した。出力は41万キロワット(kW)で、同日から電力供給を開始した。 タイ証券取引所(SET)への報告によると、同発電所…

関連国・地域: 韓国タイラオス
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1月の第2土曜日はタイ…(01/21)

【循環型経済】倉庫型リユース店で新境地 ワットマン、買取店も年内開設へ(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

深南部に特定免税店設定へ、移動閣議で協議(01/21)

EV生産のロードマップ、年内に策定へ(01/21)

商船三井ロジ、現法が陸送と通関事業を開始(01/21)

ウタパオ空港拡張、価格審査でBBSリード(01/21)

スワンナプーム免税品引渡所、応札は1社(01/21)

空港混雑で航空会社の負担増、年3.6億円も(01/21)

バンコク中華街の複合施設、正式に開業(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン