財閥SMの埋立開発が認可 900億ペソ投資、巨大娯楽地区に

フィリピンの大手財閥SMグループは、マニラ首都圏パサイ市のマニラ湾岸埋め立て開発事業を前進させる。同市に提案していた総事業費約900億ペソ(約1,920億円)の事業が認可された。SMグループが以前開発した複合施設に接続する形で、オフィスビルや新たな商業施設などを一体的…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

19年成長率5.9%に減速 8年ぶり低水準、公共支出鈍く(01/24)

噴煙活動再び、高さ500メートルに(01/24)

噴火の被災者に物資提供、日本政府(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

シェブロンと開発公社の合弁、21年廃止へ(01/24)

マランパヤガス田、19年の生産量は微増(01/24)

メガワイド、南北鉄道2期受注を期待(01/24)

スカイウェイ第3期、6月までに開通(01/24)

リサール銀、19年のATM利用6.5倍(01/24)

バイク配車、試験運用の混乱に決着(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン