• 印刷する

《日系進出》東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大

東光電気工事(東京都千代田区)は4日、ミャンマー最大都市ヤンゴンで、同社にとって海外3カ国目の拠点となるミャンマー現地法人の開所式を行った。オフィス、工場の電気工事や、電力インフラの整備促進に伴う送電線工事の需要拡大を見込む。

現地法人「東光ミャンマー」の開所を祝う馬田会長(左から2人目)ら=4日、ヤンゴン(NNA)

現地法人「東光ミャンマー」の開所を祝う馬田会長(左から2人目)ら=4日、ヤンゴン(NNA)

2016年に設けたタイ現地法人のミャンマー支店を、全額出資の現地法人「東光ミャンマー」に格上げした。資本金は約50万米ドル(約5,440万円)。

ミャンマーでは今年、ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)で進出契約を交わす企業が100社を超え、市街地では新たな複合不動産の開発が多数進む。一方、電化率は5割に届いたばかりで、長期にわたる電力消費量の増加が見込まれる。

東光ミャンマーは、日系の工場など向けの電気工事を足がかりに、円借款などで進む発電インフラ整備に伴う送電線工事にも商機を見込む。中長期的には、ミャンマーが電化率の上昇に向けて取り組む再生可能エネルギー分野への参入も視野に入れる。

同社は昨年までに、建設市況の先行きに不透明感が出ているインドネシア拠点を一時的に事業休止した。ベトナム、タイ、ミャンマーの3拠点に資源を集中し、現在3~5%の海外売上高比率を5年以内に10%に引き上げる方針だ。式典で馬田榮会長は「海外事業は(参入して)まだ30年余りと発展途上だが、成長著しい東南アジア諸国連合(ASEAN)で、(現地と)ともに事業を広げていきたい」とあいさつした。


関連国・地域: タイベトナムミャンマー日本
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道サービス

その他記事

すべての文頭を開く

国内初の再陽性、新規確認はなし=3日朝(13:27)

5年ぶりの総選挙、11月8日に実施(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(07/03)

〔寄り道〕新型コロナウイルスの感染を防ぐため…(07/03)

ヤンゴン川、夜間航行の実現へ資金協力(07/03)

WHOミャンマー代表、コロナ対策を評価(07/03)

労働省、失業者25万人の雇用確保を促進(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン