自給率1割未満脱却へ、「地産地消」推進で

シンガポールのマサゴス・ズルキフリ環境・水資源相は4日、来年から「地産地消」を推奨するプロジェクトを開始すると発表した。食料自給率が1割未満と極端に低い中、野菜工場や培養肉など先端技術を活用した食料生産を国内で推進し、食料安全保障を向上させるのが狙いだ。 同相…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

自転車シェア免許、今年の申請受付開始(01/17)

温暖化防止の「建設宣言」、アジア初署名(01/17)

設備投資が7年ぶり高水準 経済低迷下、化学・電子けん引(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

人材派遣コプロ、海外初拠点(01/17)

NEW ART、東南ア初拠点(01/17)

会計監査人と不動産鑑定士、基準強化へ(01/17)

調停サービス依頼で新サイト、地場協会(01/17)

政府6機関、クレーン車安全強化の指針策定へ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン