自給率1割未満脱却へ、「地産地消」推進で

シンガポールのマサゴス・ズルキフリ環境・水資源相は4日、来年から「地産地消」を推奨するプロジェクトを開始すると発表した。食料自給率が1割未満と極端に低い中、野菜工場や培養肉など先端技術を活用した食料生産を国内で推進し、食料安全保障を向上させるのが狙いだ。 同相…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:このところニュース報道…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

自宅待機措置の対象者、日系企業で3割超(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

在宅勤務未実施の企業、業務停止命令も(04/01)

国内感染が増加、計926人(31日)(04/01)

金融庁、中小・個人の融資返済を支援(04/01)

サンゲツ、ホーチミン市に現法設立(04/01)

新型コロナ簡易検査キット、地場企業が開発(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン