• 印刷する

日本産豚の魅力をPR、香港でセミナー開催

日本産豚肉のPRセミナーで、生産者らが自社ブランドを香港バイヤーに売り込んだ=5日、銅鑼湾(NNA撮影)

日本産豚肉のPRセミナーで、生産者らが自社ブランドを香港バイヤーに売り込んだ=5日、銅鑼湾(NNA撮影)

日本畜産物輸出促進協議会の豚肉輸出部会は5日、香港島・銅鑼湾(コーズウェーベイ)で「ジャパニーズ・ポーク販売促進セミナー」を開催した。現地のバイヤーやレストランシェフら約30人に、日本のブランド豚の魅力と安全性をPRした。

セミナーでは、千葉県産「千の恵豚」、岩手県産「白金豚」、熊本県産「火の本豚」の生産者が登壇したほか、香港未入荷の北海道産「望来豚」を紹介。それぞれのブランド豚の特徴や生産体制を説明した。セミナー後は試食がふるまわれ、商談の時間も設けられた。

豚肉輸出部会の高橋誠会長によると、日本産豚肉の輸出の約70%が香港向けであり、2019年は10月末時点で511トンを輸出。18年の輸出量を超える見込みだという。「豚肉は各国の規制が厳しく輸出先が少ない中、香港はかねてより日本産豚肉を受け入れており、日本の養豚業界が最も大事にしている市場だ」と述べた。

日本における豚コレラ(CSF)対策については、厳しく管理していると説明し、香港に出回る日本産豚の安全性を強調。香港への輸出状況に影響は出ていないとコメントした。

白金豚を試食したバイヤーの男性は「食感が柔らかく、クライアントにぜひ紹介したい」と述べた。

同セミナーで紹介されたブランド豚肉は、香港のカフェや和食レストランで期間限定で提供される予定だ。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

金融管理局、5億HKドルの売り介入実施(16:55)

テイクオフ:年中湿気が多い香港で冬…(08/05)

PCR検査、企業の需要拡大 従業員向け、予約困難も(08/05)

新規感染者80人、域内75人=計3669人(08/05)

新学期はオンラインで予定通り開始、教育局(08/05)

ペット対象にPCR検査開始、 城市大(08/05)

マカオ、香港などからの入境者管理を強化(08/05)

恒生銀は中間で33%減益、経済活動低迷響く(08/05)

急反発、米株価上昇の流れ受ける=香港株式(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン