• 印刷する

カフェ24とカカオ提携、EC手続き簡素化

電子商取引(EC)プラットフォームを運営するカフェ24は3日、韓国IT大手のカカオとマーケティングの活性化に向けた業務提携を締結したと発表した。カカオの対話アプリ「カカオトーク」のアカウントでECサイトの会員登録やログインが可能になる。サイトの手続きが簡素化することで、事業者の新規顧客の拡大が期待できる。

カフェ24の李ジェソク代表は「カカオとの連携でEC事業者の売り上げ向上が期待できる。今後も事業者の効果的なマーケティングを展開し、ビジネスが成長できるようさまざまなサービス提供に力を入れていく」と話した。

カフェ24は、事業者向けに通販サイトを無料で開設し、ECビジネスに必要な決済やマーケティング、配送、運営代行サービスなどで手数料を稼ぐというビジネスモデルで事業を展開。会員登録した事業者は、韓国語や日本語、英語、中国語など8つの言語でサイト運営できる。2018年の売上高は前年比16%増の1,653億ウォン(約150億円)。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

韓国車販売が11カ月連続減 現代自不振、来年はさらに逆風か(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

現代自が投資増額、電動・スマート化に拍車(12/06)

11月の日本車販売、不買運動で56%減(12/06)

SKトップの離婚騒動、妻が訴訟で意趣返し(12/06)

60歳の平均余命25年、10年前より2.4年長く(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

フィンテック企業育成、規制を緩和(12/06)

SKイノ、中国に海外初バッテリー工場竣工(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン