日本酒輸出拡大へ規制緩和、製造事業参入を容認

【共同】政府、与党は2日、2020年度税制改正で、日本酒の輸出拡大に向け、製造事業者に対する規制を緩和する方針を固めた。現在は原則、需給調整のため製造免許を出していないが、輸出用に限り新規参入を認める。国内で供給過剰とならないよう配慮しつつ、海外で人気が高まってい…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(21:13)

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/13)

ダイトーキスコの工場で火災(12/13)

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

開発と人材で介護市場に貢献 富士データシステム、越に展開(12/13)

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン