【第10位】知財4法が日本の支援で成立、罰則が明確化

ミャンマーで、日本政府が整備を支援した新たな知的財産関連法が5月に成立した。著作権や特許の侵害に対する罰則が設けられ、進出企業の模倣品対策などへの寄与が期待される。 1914年に制定された著作権法はほぼ機能していない。商標、意匠、特許に特化した法律もなく、進出企…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン、ミャンマー正月の外出自粛を要請(04/04)

感染者の家族4人陽性、計20人に=3日朝(04/03)

マンダレー、貨物車両と自家用車のみ通行可能に(04/04)

欧州企業、6割以上が打撃 コロナ影響で収益性が悪化(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

感染16人に、新たに63歳女性=2日正午(04/03)

総人口は5458万人に=労働省統計(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン