【第10位】知財4法が日本の支援で成立、罰則が明確化

ミャンマーで、日本政府が整備を支援した新たな知的財産関連法が5月に成立した。著作権や特許の侵害に対する罰則が設けられ、進出企業の模倣品対策などへの寄与が期待される。 1914年に制定された著作権法はほぼ機能していない。商標、意匠、特許に特化した法律もなく、進出企…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

KBZ銀、港湾運営会社を債務不履行で提訴(12:07)

10~12月のFDIは11億ドル 電力、不動産、製造がけん引(01/23)

ヤンゴンの下水道整備、円借款で推進へ(01/23)

大統領、ロヒンギャ迫害関与者を訴追の方針(01/23)

日本外務省がロヒンギャ報告書を評価(01/23)

習主席、今後3年で637億円の資金援助約束(01/23)

プルデンシャル、無償でデジタル医療を提供(01/23)

19年火災件数は2500件、死者79人に増加(01/23)

ヤンゴンからココ島へのフェリー運航開始(01/23)

タニンダーリ管区の前首相、汚職容疑で起訴(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン