【第10位】知財4法が日本の支援で成立、罰則が明確化

ミャンマーで、日本政府が整備を支援した新たな知的財産関連法が5月に成立した。著作権や特許の侵害に対する罰則が設けられ、進出企業の模倣品対策などへの寄与が期待される。 1914年に制定された著作権法はほぼ機能していない。商標、意匠、特許に特化した法律もなく、進出企…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、新たに訴追=1カ月ぶり肉声(12:23)

国軍が銀行の現金引き出し制限、ATM半額(12:00)

カレン民族、国軍とNLDともに拒否の姿勢(03/01)

米政府が追加制裁を準備、デモ弾圧受け(03/01)

新型コロナ感染、新規確認6人=28日夜(03/01)

政変前に「権威ある人」へ私信、軍政が弁明(03/01)

農業省、機械化推進に向け関連部局を統合へ(03/01)

〔寄り道〕クーデターへの抗議活動に対す…(03/01)

燃料輸入量削減で貿易赤字縮小へ=総司令官(03/01)

MEB銀、公務員年金の支払い業務に支障(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン