• 印刷する

テイクオフ:「注文した丼はまだか」…

「注文した丼はまだか」。日本人の男性客が、東南アジア出身とみられるバイト店員をにらみつける。ピリピリした空気感が伝染したのか、自分が食べていたおかずの味が分からなくなった。

安さと味、スピードを追求してきた飲食チェーン店は、究極の効率化を成し遂げた日本社会の象徴のような存在だ。注文から数分以内に配膳されるのは当たり前で、忙しいサラリーマンらの胃袋を満たしてきた。

ただ海外によく出張している友人は「アジアや南米の安い飯屋で人々が語らい、食事を楽しむ雰囲気とは全く違う。海外と比べて食としての質は高いけれど、あのせわしなさを味わいたくないからチェーン店には行きたくない」と言う。人手不足の時代。食にまで効率化を求めてきたわれわれ客の方こそ、外食サービスに対して何を求めるのかを問い直すべきなのかもしれない。(吉)


関連国・地域: 日本アジア
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

対日輸出の減少幅が縮小 6月、主力の衣類軒並み回復(08/14)

【ウィズコロナ】ビジネスのデジタル化が前倒し トレジャーデータ、CDPに順風(08/14)

テイクオフ:「もう産まれる」。2年…(08/14)

【コロナを超えて】エースコック、市況の変化注視 消費の新形態に着目、生活密着へ(08/14)

【コロナ後の新常態】オンライン教育に脚光 コロナで需要拡大、日中協業も(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン