大手財閥、東南ア開拓に本腰 国内市場成熟で新たな収益源探る

フィリピンの大手財閥が東南アジア市場の開拓に本腰を入れ始めた。アヤラ・コーポレーションがミャンマーの財閥と資本提携したほか、アボイティス・エクイティ・ベンチャーズ(AEV)もベトナムの風力発電所の買収に動いている。国内市場が成熟したことに加え、米中貿易摩擦で業…

関連国・地域: 中国ベトナムミャンマーフィリピンASEAN
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:満員のジプニーで夕方、…(12/12)

水道2社が請求権放棄 政府の圧力で、事業リスクに(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

11月の新車販売10%増、今年単月で最高(12/12)

三菱製鋼、自動車用巻ばねの工場新設(12/12)

東洋インキ、子会社不適切会計で26億円損失(12/12)

スチールアジア、誘導炉などに厳格基準要求(12/12)

ルソン電力需要、来年のピークは1200万kW超(12/12)

ウデンナ、ISMを通信持ち株会社に(12/12)

ナウテレコム、通信インフラで2社と提携(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン