• 印刷する

テイクオフ:当地のクリスマス商戦が…

当地のクリスマス商戦が活況だ。先週末、スーパーマーケットのおもちゃ売り場で、おままごとセットを母親にねだる3歳くらいの女の子の姿が目に留まった。「欲しい」「ダメ!」の母娘の応酬を見ながら、毎年12月に決まって駄々をこねた自分の幼少時代を思い出した。

「7歳までサンタクロースを信じていた」とフィリピン人の同僚に話すと、意味が分からないと一笑。子どもにプレゼントを贈るのは親か祖父母の役割で、親がこっそりサンタに扮することはないという。サンタがプレゼントと一緒にワクワク感を運んでくるという発想も馴染みがないらしい。「サンタは寒いところに住んでいるから」と、現実的な答えが返ってきた。

街角でも全身真っ赤なサンタ姿で販売する店員も見かけない。その代わり「最大50%オフ」と書かれたサンタのポップは多い。当地のクリスマスはやや実利的かもしれない。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅前で流れてくる歌声…(12/16)

双日車販社に地場財閥出資 ユチェンコ、吉利ブランド浸透へ(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

大統領、違憲の予算項目に拒否権発動も(12/16)

21年度予算は過去最高に、4.6兆ペソ規模(12/16)

三国東洋の日立ターミナル買収、競争委が承認(12/16)

マカティ地下鉄、モノレールと接続へ(12/16)

民放ABS―CBN、米で著作権侵害訴訟(12/16)

電子製品の輸出、20年も低成長に(12/16)

ア開銀、インフラ整備に2億ドル追加融資(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン