• 印刷する

テイクオフ:数年前、歩行者の間を軽…

数年前、歩行者の間を軽快に走る電動キックスケーターをシンガポールで見てねたましく思った。歩道が少なく段差も多いジャカルタに普及するには時間が掛かるだろうと思っていたが、予想をはるかに上回る早さで広まった。

ノーヘルの子供がバイクに乗るのは日常茶飯事。1台に3人、4人が乗るのも当たり前。そんな当地では、わずかな乗車スペースしかない電動キックスケーターでも器用に2人乗りしている人もいれば、小学生ぐらいの利用者も見かける。

シンガポールでは11月に電動キックスケーターの歩道走行が禁止された。ジャカルタも近く同じようになるだろうと思っていたら、こちらも予想以上の早さで規制が敷かれることになった。新技術に対する適応能力や自由な使い方ができるのは頼もしいが、厳しい規制がかけられないように安全運転は守ってほしい。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

世銀の所得分類、上位中所得国に引き上げ(19:50)

石炭価格下落で減産、今年は4.8億トンに(19:50)

グラブ、独禁法違反で300億ルピアの制裁金(19:50)

国内新規感染者1600人超、東ジャワが急増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

西ジャワ首都圏も16日までPSBB延長(07/03)

中銀の金融機関監督権、大統領が復活の意向(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン