• 印刷する

テイクオフ:バンコクのチャオプラヤ…

バンコクのチャオプラヤー川沿いにある複合施設「アイコンサイアム」のテラスから外を眺めると、その展望に思わず感嘆の声が漏れた。対岸の建物は川の反射できらきらと輝き、その奥には高層ビル群が見える。

同施設の隣には、財閥チャロン・ポカパン(CP)グループの傘下企業が開発を手掛ける高級コンドミニアム2棟がそびえる。うち1棟は引き渡しが始まっており、入居者の姿がちらほら。購入者のうち3割が中国本土や香港、台湾、シンガポールなどの外国人投資家で、7割はタイ人とされる。前任地のベトナムでもそうだったように、川を臨む物件は特に現地の人たちの間で人気が高く、飛ぶように売れるという。

毎日この展望を眺めながら生活できたらなぁ……。とはいえ、「億ション」購入なぞ夢のまた夢。しばし隣のテラスで億ション生活の気分だけ楽しみ、現実の世界へと戻っていく。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン