• 印刷する

自動化で職失う?55歳以上の約半数が不安視

英豪資源大手リオ・ティントが、オーストラリア人1,543人を対象に実施した最新の調査によると、55~64歳の高齢労働者の46%が職場の自動化により将来の雇用機会を失う恐れを抱いていることが分かった。同年代で将来の雇用について「楽観的」と回答したのはわずか9%で、30%が「楽観的」と答えた18~24歳とは大きくかけ離れた。オーストラリアンが伝えた。

オーストラリアの財界団体、オーストラリア・ビジネス・カウンシル(BCA)のウェスタコット最高経営責任者(CEO)は、リオが実施した調査の結果に関連し、今後10年はすべての職種において役割の変化が見られると指摘。特に、建築・製造業で働く55歳以上のスキルを持たない労働者が最も影響を受けると述べた。

リオ・ティントはこれまで西オーストラリア州ピルバラで行う鉄鉱石事業の自動化に力を入れてきており、同社の鉄鉱石部門を統括するサリスバリー氏は、「全員が今と同じ仕事に就くことはないが、多くの人が別の役割を見つけるはず」と話した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電機天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所得税申告の季節。銀行…(08/07)

豪GDP、2.5%減少見通し モリソン首相「失業率10%の懸念も」(08/07)

VIC都市封鎖、財界は州より連邦頼み(08/07)

コロナ禍を機に政府は規制改革を=業界団体(08/07)

メルボ小売、オンライン販売整備で明暗(08/07)

豪イケア、封鎖で一部家具売上げが450%増(08/07)

VIC州の食品流通大混乱、全国に波及も(08/07)

QLD―NSW州境閉鎖、観光業や鉱業は悲鳴(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン