• 印刷する

シノケン、大学と日本語研修で介護人材確保

投資用不動産の販売・賃貸管理などを手掛けるシノケングループ(東京都港区)は12日、インドネシア中ジャワ州スマランのヌディワルヨ大学と人材研修の独占的枠組みなどを盛り込んだ基本契約の締結を発表した。大学内で看護・医療学部の学生に日本語を学んでもらい、「特定技能1号」制度を活用し日本での就労を支援する。

来年初めに同大に日本語研修センターを開設し、授業を開始する。インドネシアで在留資格取得に必要な日本語能力と介護技術を身につけた学生を、シノケングループが日本で運営する介護施設で受け入れる。シノケンの担当者によると、最初は15~20人くらいの学生を受け入れ、40~50人くらいに増やしていく。研修期間は半年から10カ月を予定しており、早ければ2020年の夏ごろをめどに第1期生の訪日を進めたい考えだという。

ヌディワルヨ大学は、学生数が約3,000人の総合大学で、看護・医学系の学生が多く在籍している。

担当者は「インドネシアから日本で就労したいという学生は多いが、費用面などがネックになっていた。シノケンでは、入国や研修費用を支援する。日本国内の人材不足は深刻化しており、人件費などのコストも高止まりしている。当社にとってはコストがかかることが予測されるが、それでも取り組まなければならないほど深刻な事態となっている」と話した。

また日本語研修センターに他の学部からも学生を受け入れ、介護以外の分野に人材を紹介していくことも視野に入れていく。早ければ2期生の学生から実施していくことを計画している。

シノケンはライフケア事業として、東京と福岡を中心に認知症対応型グループホームやデイサービスなどの介護事業を展開している。

シノケンと提携するヌディワルヨ大学(シノケン提供)

シノケンと提携するヌディワルヨ大学(シノケン提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国からの投資にはリスクあり、KPK警告(14:57)

首都警察、二輪車用の監視カメラを来年導入(14:03)

テイクオフ:大学生の娘に、手持ちの…(12/09)

19年選挙の副作用、国論二分 本名純教授が2期政権の動向分析(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ガルーダ航空、社長代行にフアド取締役(12/09)

パティンバン港周辺開発の調査、日本に依頼(12/09)

首都の第2外環状道路、一部区間が完成(12/09)

石化大手、ポリエチレン工場を開所(12/09)

旭化成、結晶セルロースのハラル認証を取得(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン