三井物産、次世代エタノール製造会社に出資

三井物産は12日、次世代エタノール製造会社の北京首鋼朗沢新能源科技(北京市、SGLT)に6,000万元(約9億3,400万円)を出資すると発表した。同社は、製鉄所などから出る排ガスを原料として次世代エタノールを商業規模で製造する世界初の事業会社。 許認可の取得などの手続き…

関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: 自動車・二輪車化学運輸


その他記事

すべての文頭を開く

金融機関の総資産、9月末時点で312兆元(12:12)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

積極財政を継続、経済工作会議 新規減税は示さず、金融は緩和か(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

5Gスマホが500万台突破、11月出荷数(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

米農産品の輸入、作業進行中=商務省(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン