独立記念日の帰国断念、カンボジア野党指導者

【クアラルンプール共同】フランスでの生活を切り上げ帰国すると予告していたカンボジアの野党指導者、サム・レンシー氏がパリを出発し、マレーシアの首都クアラルンプールに9日到着した。記者団に対し「何日か滞在する」と述べ、予告期日だったカンボジアの独立記念日である9日…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

2週間の隔離義務づけ、全ての入国者対象(04/09)

累計感染者117人、63人が回復(04/09)

縫製協会、会員6割が新型コロナの影響(04/09)

コンド価格が下落傾向、新型コロナが影響(04/09)

閉店義務ない飲食店に、当局立ち入り圧力(04/09)

非常事態宣言の発令、可能性低い=首相(04/08)

クメール正月の祝日延期に、コロナ対策で(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン