独立記念日の帰国断念、カンボジア野党指導者

【クアラルンプール共同】フランスでの生活を切り上げ帰国すると予告していたカンボジアの野党指導者、サム・レンシー氏がパリを出発し、マレーシアの首都クアラルンプールに9日到着した。記者団に対し「何日か滞在する」と述べ、予告期日だったカンボジアの独立記念日である9日…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

シアヌークビルにSEZ開設、4カ所で計画(11/20)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

国内初の原油生産、来年上半期に開始へ(11/20)

精米輸出大手、韓国系とパーム糖の加工工場(11/20)

N・ボパ・デビ王女死去、舞踊の復興者(11/20)

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

バイオ燃料製造で資金調達、ソニー銀が支援(11/19)

シアヌークビルの道路34本、改修に3億ドル(11/19)

コッコン州の新空港、21年にも開業見通し(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン