• 印刷する

テイクオフ:ニュージーランド(NZ…

ニュージーランド(NZ)では、畜産業が環境破壊の一つの原因として厳しい目を向けられる場合があるようだ。牛のげっぷに含まれるメタンガスに、高い温暖化効果があり、同国の温暖化ガスの半分が畜産に由来するという報告もあるという。1頭の乳牛が1年間に出すメタンガスは二酸化炭素換算で3トンにもなるらしい。2025年をめどに、NZ政府は温暖化ガスの排出量に応じて税金を課すという話もある。

専門誌を読むと、その対策として海藻の飼料がメタンガスの発生を減らすと注目されている。アミノ酸などの栄養も豊富なので業界は大いに期待しているようだ。

その一方で、牛乳の風味は季節や牛の体調はもちろん、餌で変化することが定説らしい。ということは、NZでは注目されていないようだが、昆布だしのきいた牛乳に期待したいところだ。(尋助)


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージー英語といえば、…(07/13)

豪の入国者、きょうから大幅減 NSWなどで隔離が自己負担に(07/13)

VIC州のコロナ患者、7日連続で3桁増加(07/13)

メルボ封鎖、中小企の返済猶予申請も急増か(07/13)

〔政治スポットライト〕日豪、宇宙利用促進で協力覚書に署名(07/13)

三菱UFJ、豪NZで経済・為替展望セミナー(07/13)

ラカイン州のガス田開発、NGOが中止要求(07/13)

豪日通がメルボの倉庫拡充、物流機能を強化(07/13)

家具ニックスカリー、自社株高で同業買収も(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン