• 印刷する

テイクオフ:中国出張が時に憂うつに…

中国出張が時に憂うつになる。外国人には「アリペイ」や「ウィーチャットペイ」でのモバイル決済ができず、配車サービスのアプリなしでは移動もままならない。かくしてレストランでも路上でも途方にくれるばかりだ。

そんなもやもやを抱えて帰国したところ、アリペイが外国人旅行者向けに、機能限定ながら海外クレジットカードからチャージできるサービスを始めたとのニュース。さらにウィーチャットペイは、海外カードとのひもづけを認めると発表した。

技術的には以前からできたはず。外国人にまず不便を味わわせて飢餓感を募らせ、一気に取り込む作戦だったのか。この二つのサービスが利用可能な店は、日本でも急増中。今のところ日本人向けサービスはないが、いつでも始動できそうな環境になりつつある。中国発キャッシュレス決済の経済圏は確実に広がっている。(蔵)


関連国・地域: 中国日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

居留証所有者、訪台前のPCR検査不要に(07/03)

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

新車販売に売上税減免効果 首位プロドゥア、6月は前月3倍(07/03)

テイクオフ:お願い、衣類を捨てない…(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

三菱地所、シドニーで住宅開発 レンドリースとの共同事業第3弾(07/03)

除菌ロボットで提携、明成・ドーグら3社(07/03)

ヤンゴン川、夜間航行の実現へ資金協力(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン