【新・知財最前線は今】韓国の遠隔映像口述審理制度

File No.134 韓国の特許審判では、当事者による口頭の陳述をもって審理を行う、口述審理が積極的に活用されています。また、韓国特許庁が位置する大田(テジョン)以外の地域、特にソウルに当事者及び代理人が多いため、当事者の便宜のために、テレビ会議システムを用いた遠隔映像…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政府系ら銀行3行、LG化学の電池事業支援(18:17)

韓国製電池が初対象に、中国のEV補助金(16:29)

CJハロー、LGハロービジョンに社名変更(17:24)

現代自「コナ」、2年連続EV販売トップに(17:24)

テイクオフ:取材で釜山を訪れた。仕…(12/10)

東南アで映える韓国コスメ 韓流追い風、美白やハラル商機に(12/10)

韓国の労働人口減少率、世界最高水準に(12/10)

主要企業の5割「20年は緊縮経営」(12/10)

ワーキングマザーの95%「退職考えた」(12/10)

世界市場で株価上昇、韓国のみ蚊帳の外(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン