• 印刷する

東芝エネシステムズ、広州社と燃料電池開発

東芝エネルギーシステムズは10月31日、燃料電池システムを製販するスタートアップの摩ケイ科技(広東省広州市、ケイ=きがまえに徑のつくり)と、中国における燃料電池システムの開発に向けた提携契約を締結したと発表した。中国では環境政策への対応や通信基地局向けに燃料電池システムの需要が拡大すると見込み、水素事業を中国で本格展開する。

東芝エネルギーシステムズが中国向け水素事業で他社と提携するのは初めて。同社はこれまで日本を中心に純水素燃料電池システムを100台以上納入し、システムの普及に向けた事業展開を進めている。

中国は2030年までに1次エネルギー消費量に占める非化石燃料由来のエネルギーの割合を20%まで高める長期目標を掲げ、脱炭素化にかじをきっている。また中国の通信機器・通信サービス分野の市場は25年までに急拡大するとみられている。こうした背景から、クリーンな分散型電源として燃料電池システムの需要が高まると見込んだ。

摩ケイ科技は18年6月の設立で、メタノール改質技術を活用した燃料電池システムの開発を手掛けている。


関連国・地域: 中国-広東日本
関連業種: 化学その他製造IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

米産PPE、反補助金でも調査=商務省(08/14)

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

テイクオフ:「もう産まれる」。2年…(08/14)

中国、マカオ観光を解禁 9月にも全土から、業界に期待(08/14)

【コロナ後の新常態】オンライン教育に脚光 コロナで需要拡大、日中協業も(08/14)

鴻海、中国の生産比率70%に引き下げ(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン