• 印刷する

《日系進出》ボウリング場のラウンドワン、中国に進出

ボウリング場などを運営するラウンドワンは21日、合弁方式で中国に進出すると発表した。海外事業拡充の一環。同社が主な顧客層としている30歳未満の若年層とファミリー層の人口が多く、可処分所得が増加傾向にあることを進出決定の理由に挙げている。1号店の出店地は北京が最有力候補。2020年度(20年4月~21年3月)中の出店を目指す。

北京恵君文化発展(北京市)と9月9日に合弁会社「朗玩(中国)文化娯楽」を北京市に設立した。資本金は325万元(約4,980万円)。ラウンドワンが99.98%を出資しているため、合弁会社とはいえ事実上は同社の完全子会社に近い。朗玩(中国)文化娯楽の事業内容は複合型アミューズメント施設の運営。施設の構成は許認可次第という。

ラウンドワンは、日本国外では米国でボウリング・アミューズメントを中心とする複合施設を展開している。海外事業の拡大に向け、中国に先立って8月にはロシアで子会社を設立した。


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: サービスメディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年も残り半分というと…(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

上半期の貿易額6.6%減 6月はプラス、回復の兆し(07/15)

労働集約型産業への税制優遇を検討、李首相(07/15)

富士康、中国山西にスマホ生産ライン増設か(07/15)

フック首相、中国との航空便再開を大筋承認(07/15)

輸出型企業への融資を強化、商務省が指示(07/15)

MGのヘクタープラス、135万ルピーで発売(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン