• 印刷する

《日系進出》ボウリング場のラウンドワン、中国に進出

ボウリング場などを運営するラウンドワンは21日、合弁方式で中国に進出すると発表した。海外事業拡充の一環。同社が主な顧客層としている30歳未満の若年層とファミリー層の人口が多く、可処分所得が増加傾向にあることを進出決定の理由に挙げている。1号店の出店地は北京が最有力候補。2020年度(20年4月~21年3月)中の出店を目指す。

北京恵君文化発展(北京市)と9月9日に合弁会社「朗玩(中国)文化娯楽」を北京市に設立した。資本金は325万元(約4,980万円)。ラウンドワンが99.98%を出資しているため、合弁会社とはいえ事実上は同社の完全子会社に近い。朗玩(中国)文化娯楽の事業内容は複合型アミューズメント施設の運営。施設の構成は許認可次第という。

ラウンドワンは、日本国外では米国でボウリング・アミューズメントを中心とする複合施設を展開している。海外事業の拡大に向け、中国に先立って8月にはロシアで子会社を設立した。


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: サービスメディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

10月の新築住宅価格、上昇は50都市に減少(11/15)

中国非鉄業界の一帯一路、採算性に課題(11/15)

固定資産投資、過去最低を更新 1~10月5.2%増、工業消費も低調(11/15)

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針(11/15)

タイ海運大手、カンボジアと広東省を接続(11/15)

一部インフラ事業の投資条件、国務院が緩和(11/15)

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

米中は追加関税撤廃を協議中、商務省が表明(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン