ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退

パチンコ店向け広告事業を展開するゲンダイエージェンシー(東京都新宿区)は18日、シンガポール現地法人GDLHが東南アジアで展開する電子カジノ運営受託事業から完全撤退すると発表した。経営環境の悪化が背景にある。これにより、実質的に海外事業から撤退することになる。 …

関連国・地域: カンボジアシンガポール日本
関連業種: 観光メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

金融管理庁、UBSに不正取引で制裁(14:47)

VR・AR導入の店舗増加 物販低迷下、集客力強化狙い(11/15)

商工会JCCI、20年1月から部会再編(11/15)

ドンキが西部初出店、すしバーも設置(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

IPCCが知財当局と提携、海外初(11/15)

オートバックス、地場自動車整備社を買収(11/15)

バンプーが新エネ事業再編、EV展開を強化(11/15)

東海東京、デジタル証券取引所運営社に出資(11/15)

BISと金融庁、イノベーション拠点を開設(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン