• 印刷する

日本が食糧援助3.5億円、被災地の缶詰供与

日本の外務省は17日、国連世界食糧計画(WFP)を通じてカンボジアに3億5,000万円の食糧援助を行うと発表した。日本の支援によって食料の安全を確保し、カンボジアの開発課題の解決に貢献する。

三上正裕駐カンボジア大使が首都プノンペンで同日、フランシスカ・エルデマンWFPカンボジア事務所長と食糧援助に関する交換公文に署名した。WFPを通じて、カンボジア地方部の約22万人の小学生に対し、東日本大震災の被災地で生産された魚の缶詰を供与する。

外務省によると、カンボジアは年平均7%のペースで経済成長を続ける一方で、農村部のインフラ整備の遅れや、かつての内戦時に埋設された地雷などの影響で、農業生産基盤は十分ではない。慢性的な食糧不足の中、特に貧困地域では、栄養・食料事情が悪化する恐れがあるという。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府貯蓄から11億米ドル拠出、コロナ対策で(07/13)

上期インフレ率2.5%、原油下落などが影響(07/13)

カンボジア、インドとのFTA締結視野(07/13)

韓国・カンボジア、FTA交渉開始(07/13)

G20がデジタル通貨容認へ、論議を本格化(07/13)

正月の振り替え、今月末から来月初旬の間に(07/10)

1~6月の縫製品輸出、5%減の38億ドル(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン