• 印刷する

都心のビル入居面積、共用オフィスが24%増

米不動産総合サービスのジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)は16日、首都ジャカルタの中央商業地区(CBD)で第3四半期(7~9月)に新たに貸し出されたオフィスのうち、テクノロジー関連とコワーキングスペース(共用オフィス)が全体の78%を占めたと発表した。前四半期から21ポイント上昇した。コワーキングスペースの面積は24%増の21万2,000平方メートルに拡大した。

現地法人JLLインドネシアのジェームズ・テイラー調査部門長によると、第3四半期のコワーキングスペースの運営企業数は53社と、前四半期から6%増えた。拠点数は5%増の115カ所。

同期間に新たに貸し出されたコワーキングスペースのうち、外資系の運営企業が36%を占めた。企業別では、地場大手「コハイブ(COHIVE)」が最大だった。 

CBDのオフィス入居率は前四半期から微減の76%。賃貸需要は堅調に伸びているものの、過剰供給のために、年内は低下傾向が続くとみている。2020年に底を打ち、21年から上向く見通し。

■首都移転後もジャカルタ中心

テイラー氏は、東カリマンタン州に首都を移転する計画について、「中長期的に非常に悪い影響があるとはみていない」と述べた。移転した後も、商業やビジネスの中心はジャカルタ周辺にとどまると予想した。

フィフィン・ハルサント・アドバイザリー部門長は、移転後にジャカルタに残った中央政府の庁舎の活用方法に注意すべきだと指摘した。多くの建物が商業施設やオフィス街から離れた位置にあるため、「民間企業に貸し出すとしても工夫が必要だ」と述べた。

JLLインドネシアのテイラー氏は「過去2~3年間でコワーキングスペースの勢いが急速に伸びている」と話した=16日、ジャカルタ(NNA撮影)

JLLインドネシアのテイラー氏は「過去2~3年間でコワーキングスペースの勢いが急速に伸びている」と話した=16日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝起きると、まず窓を開…(07/14)

大統領、検査態勢強化を指示 首都は活動制限強化も、感染増で(07/14)

西ジャワ州、マスク未着用住民に罰金適用へ(07/14)

バンテン州、PSBBを26日まで延長(07/14)

高速道の新料金収受システム導入、入札開始(07/14)

空運局、空港で無作為の薬物検査実施へ(07/14)

スマトラ高速道、事業費386兆ルピア未調達(07/14)

PPプロパティ、起債で2兆ルピア調達へ(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン