最低賃金凍結の可能性を否定せず、委員会

香港の最低賃金委員会の王沛詩(プリシラ・ウォン)委員長は15日、最低賃金を凍結する可能性について否定しなかった。香港で続く抗議活動や米中貿易摩擦による経済リスクの上昇が背景にある。16日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。 最低賃金委は行政長官の諮問機関で…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

覆面禁止法、高裁が政府の主張一部認める(04/09)

コロナ感染新たに13人、累計973人に(04/09)

空港管理局、航空業界に20億ドルの追加支援(04/09)

追加経済対策に1400億ドル 雇用を死守、GDPの1割支出へ(04/09)

3月輸出は前年比で小幅減に 前月から1割増、電子部品下支え(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン