比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入

フィリピン財閥アヤラ・コーポレーションが、ミャンマーの財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)と組み、ミャンマーの再生可能エネルギー市場に参入する。ミャンマーは2030年の電化率100%達成に向け、水力に偏っている電源構成の多様化を急ぐ。両社は、環…

関連国・地域: ミャンマーシンガポールフィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

運輸省、物流会社社員の出勤認めるよう要請(14:52)

出勤規制、長期なら経済打撃 コロナ急拡大で進出企業当惑(09/22)

新規感染542人、死者は90人台に=21日朝(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

労組連、コロナ対策で経営側にも負担求める(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

Hセム、CLMV諸国に電動二輪売り込み(09/22)

19年度コメ輸出量、目標の250万トン達成(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン