比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入

フィリピン財閥アヤラ・コーポレーションが、ミャンマーの財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)と組み、ミャンマーの再生可能エネルギー市場に参入する。ミャンマーは2030年の電化率100%達成に向け、水力に偏っている電源構成の多様化を急ぐ。両社は、環…

関連国・地域: ミャンマーシンガポールフィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴンのスマート駐車場、料金徴収へ(12:03)

水インフラなど新領域拡大も ヨマ傘下FMI、アヤラと提携で(11/20)

昭和産業と岡谷鋼機、鉄筋加工工場が増強(11/20)

太陽光発電で電気料の負担減が可能=IFC(11/20)

米国、カチン州で包括的な農業支援実施へ(11/20)

少数武装勢力、ラショー空港の攻撃否定(11/20)

ラカインのネット遮断、150日が経過(11/20)

タイ3社、ミャンマーの太陽光発電所を稼働(11/20)

有権者の投票資格を変更へ、少数民族が懸念(11/20)

採掘免許、1年余りで全国1251鉱区に付与(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン