• 印刷する

日本産豚肉、一層の普及へ香港でフェア

尖沙咀のレストランで開かれたジャパニーズ・ポーク・フェアのオープニングイベント=11日(NNA撮影)

尖沙咀のレストランで開かれたジャパニーズ・ポーク・フェアのオープニングイベント=11日(NNA撮影)

日本畜産物輸出促進協議会の豚肉輸出部会は今月から香港域内の飲食店で日本産豚肉をPRする「ジャパニーズ・ポーク・フェア」を展開している。3回目となる今年は飲食店3店と連携して特別メニューを提供するほか、テイスティングイベントや販促セミナーなどの取り組みも行う。

同フェアのオープニングセレモニーが11日、フェア開催店の一つである九龍・尖沙咀のレストラン「野玩田店(サムシング・ワイルド・ザ・ファーム)」で開かれた。日本養豚協会の小礒孝専務理事やメディア関係者ら約20人が出席し、千葉県から輸入した「千の恵豚」を使用したとんかつなど特別メニューを味わった。

同メニューは野玩田店で15日から28日まで提供する予定。12月には他2店でも特別メニューを提供する。

フェアに協力するジュピター・グローバル・リミテッドの関係者はNNAに対し、「香港で日本産豚肉をより一層PRするためには、新たなメニュー、レシピの提案をしていくことが重要だ」と説明した。

香港への日本産豚肉の輸出量(生鮮・冷蔵・冷凍の合計)は近年伸びており、2018年は前年比12.5%増の539トンだった。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

地銀15行がオンライン商談会 日系143社参加、コロナ下で初(06/15)

アジアの海洋保全促進へ ADBと中国処理大手が提携(06/15)

週末4日で感染4人、域内ゼロ=計1万1878人(06/15)

中国がアプリで個人情報取得と報道、政府否定(06/15)

韓国とコロンビア、「高リスク」に引き上げ(06/15)

8日ぶり反発、石油銘柄高い=香港株式(06/15)

物価連動債第8弾、200億ドルに増額へ(06/15)

取引所、SPAC上場で3Qに意見公募へ(06/15)

サイバー攻撃対策、金融機関でばらつき(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン