東南アジアの都市開発支援、日本が先端技術

【共同】都市開発に先端技術を生かす「スマートシティー」の拡大を目指す国際会議が9日、横浜市で開かれた。日本や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国の政府、自治体関係者が参加し、東南アジア地域の課題解決に向け、日本企業が持つ技術を積極的に提供することで合意し…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

不動産投資見通しで首位、香港回避の恩恵(14:54)

テイクオフ:先日東京で開催された卓…(11/14)

30年までの国家AI戦略始動 グローバルハブ狙い、まず5分野(11/14)

リバネスと企業庁、地場社の日本進出支援(11/14)

双日、シンガポールの通信塔会社に出資(11/14)

ICMG、アジアの持続可能な開発で提携(11/14)

NTTコム、地場新興フィンテック社に出資(11/14)

ヨシムラ、業務用厨房機器NKRを買収(11/14)

投資テマセク、出資先の温室効果ガス半減へ(11/14)

複合セムコープ、インド新州都での開発中止(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン