米次官補、中国太陽光設備の輸入に懸念

米国がインドによる中国製の安価な太陽光発電設備の輸入に懸念を示している。ファノン米国務省エネルギー資源担当次官補の発言として、エコノミック・タイムズ(電子版)が9日伝えた。 ファノン氏は、契約前に取引や資金の背景を注視し、品質、サービス基準、設備の廃棄を含む全…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプール北郊に…(10/15)

テイクオフ:朝の通勤時、日ごとに外…(10/15)

再エネ目標は4割未達=調査 政府は「目標達成に自信」と反論(10/15)

アダニとトタル、都市ガスに提携範囲を拡大(10/15)

首都の電気料金、ネットで追加入金可能に(10/15)

スズキ、新興5社とモビリティーで協業探る(10/15)

公営2社、北部のEV充電施設整備で連携(10/15)

三井住友銀、インド市場のセミナー開催(10/15)

本年度の成長見通し、世銀が6%に下方修正(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン