• 印刷する

1~9月の交通事故、32%増加

カンボジア交通警察・治安局によると、2019年1~9月の交通事故の発生件数は前年同期比32%増の988件、交通事故の死者数は27%増の488人だった。負傷者数は45%増の1,494人だった。クメール・タイムズ(電子版)が8日伝えた。

主な原因は、スピード違反、優先通行権の誤認、無理な追い越しや転回、飲酒運転など。

エリア別で死亡者が多かったのは、プノンペンの83人、南部カンダル州の45人、同コンポンスプー州の41人、同シアヌークビル州の37人などとなっている。

カンボジアでは交通事故死が増加傾向にある。死者数は1日平均5人から、今年に入り1日7人に増えた。その後、大々的な交通安全運動が開始され、交通法の周知徹底やヘルメットの配布、着用厳格化などの対策が実施されているが、効果が表れていない。

交通安全研究所のコン・ラタナック所長は、政府の努力にもかかわらず、交通事故の死者数は増加していると指摘。現行の交通法でスピード違反の処罰対象となるのは自動車だけであることから、バイクにも適用を拡大することが必要だと述べている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

JOGMEC、南部で鉱物資源の探査実施へ(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

9月までの関税収入、通年目標を6%超過(10/22)

自動車保険の加入促進へ、業界が一致協力(10/22)

野党元党首、11月9日に帰国の姿勢崩さず(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

ザガインの自然保護区、アセアン遺産公園に(10/22)

KFCとピザハット、3年で各60カ所以上(10/22)

日本が食糧援助3.5億円、被災地の缶詰供与(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン