観光誘致元年、課題は山積 中国人が激増、日本はこれから

ミャンマー政府が昨年10月、日本や中国などを対象にしたビザ緩和に踏み切り、観光客誘致を本格化して1年余。来訪者総数は約4割増え、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題による欧米人観光客の減少を相殺する効果を出した。一方、中国人観光客が急増したことによる新たな問…

関連国・地域: 中国香港マカオ韓国ミャンマー日本カナダ欧州
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

帰国者5人の感染確認、累計336人=14日朝(14:19)

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

貿易赤字が18億ドルに拡大、7月初めまで(07/14)

中国国境の新通関システム、来年導入へ研修(07/14)

72%が非接触型カードに関心、米ビザ調査(07/14)

畜産品向け冷蔵倉庫建設を計画、世銀支援で(07/14)

新たに1人感染確認、累計331人=13日朝(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン