ラオス企業、アフリカで査証の電子決済事業

ラオスの電子決済事業者キーウィペイは、アフリカの最大7カ国と東南アジアの複数国で、入国査証(ビザ)費用の決済事業に参入する方針を明らかにした。中国人の訪問者を主要顧客に想定している。ラオス・タイムズ(電子版)が4日伝えた。 キーウィ・グループのグレゴリー・シュ…

関連国・地域: ラオスアフリカ
関連業種: 金融IT・通信観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首相が訪越、空路の早期再開方針で合意(07/08)

中老鉄路、ビエンチャン駅を着工(07/07)

公共事業費用、1.2兆キープ相当を削減(07/06)

送金アプリu―money、JDBと提携(07/03)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(7月2日)(07/03)

スポーツ競技やカジノなど、再開を承認(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン