ラオス企業、アフリカで査証の電子決済事業

ラオスの電子決済事業者キーウィペイは、アフリカの最大7カ国と東南アジアの複数国で、入国査証(ビザ)費用の決済事業に参入する方針を明らかにした。中国人の訪問者を主要顧客に想定している。ラオス・タイムズ(電子版)が4日伝えた。 キーウィ・グループのグレゴリー・シュ…

関連国・地域: ラオスアフリカ
関連業種: 金融IT・通信観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

事業環境改善へ特別委員会設置、首相が同意(11/14)

通常国会始まる、閣僚2人の人事を承認(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

年末から電力不足危機、政府は対策に本腰(11/11)

タートルアン特区、管理事務所の起工式(11/08)

【アジアの穴場】フランス植民地時代の残照色濃く残る街 ターケーク(ラオス中南部)(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン