【ASEAN戦略】バイオ技術で社会課題解決 ちとせ、代替燃料・食料で

シンガポールに本社を置く日系バイオ技術ベンチャー、ちとせグループが東南アジアで存在感を高めている。2009年に始めたマレーシアのアブラヤシ農園による砂漠化を防ぐプロジェクトを皮切りに、バイオ技術を使ってさまざまな社会課題の解決に取り組んでいる。今年8月には藻類バイ…

関連国・地域: マレーシアシンガポール日本ブルネイ
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染261人、計3万7183人(5日)(06/05)

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

SGX上場企業、1~3月期の純利益4割減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

5月PMIはやや改善、不況水準は脱せず(06/05)

偽装解雇には助成金剥奪などの処分=人材相(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

当局が職場3カ所を閉鎖、コロナ対策違反で(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン