• 印刷する

運輸省とブラカン州、南北通勤鉄道で調整

フィリピン運輸省は、マニラ首都圏の南北通勤鉄道(ラグナ州カランバ―マニラ市―パンパンガ州クラーク国際空港、総延長147キロメートル)敷設事業の円滑な推進に向けて、ブラカン州政府や地元自治体と協議し、問題点を調整した。

運輸省の発表によると、協議の対象は第1期(マニラ市トゥトゥバン―ブラカン州マロロス、38キロメートル)と第2期(マロロス―クラーク国際空港、53キロメートル)。トゥガデ運輸相やブラカン州のフェルナンド知事、州内の関連地域の市長らが出席した。

同相は第1期について、建設工事が予定より2~3カ月前倒しで進んでおり、2021年10~12月期の一部開業に向けて7月から無休で工事していることを伝えた。第2期に関しては、入札に海外9社、地場2社の11社が応札したと報告した。

一方、地元側は駅のバリアフリー化、鉄道敷設で移転を迫られる住民への適切な対応、空港への容易なアクセス、各駅を地元の歴史を象徴するようなデザインとすることなどを要望。トゥガデ運輸相とフィリピン国有鉄道(PNR)の代表は、要望を理解し、対応に努めることを約束した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:早朝、マーケットに行く…(07/07)

MRT3号線、感染急増で運行停止(07/07)

コロナ感染新たに2099人、累計4万6333人(07/07)

重症者向け病床、首都圏で不足気味に(07/07)

サンミゲル、従業員7万人の検査施設完成(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン