• 印刷する

LG化学のSKイノ提訴、東レも原告側に

電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池の主要材料であるセパレーター(絶縁材)技術を流出させたとして、LG化学が26日(現地時間)に米国際貿易委員会(ITC)と米デラウェア州の連邦地方裁判所にSKイノベーションを提訴した件で、東レが原告に名を連ねていたことが1日、分かった。

LG化学がSKイノベーションに侵害されたと判断した特許権のうち、安全性を強化したセパレーター「Safety Reinforced Separator、SRS)」の米特許権については東レが共同所有していたため。東レが2015年9月に、韓国中部の梧倉にあるLG化学のセパレーター工場を買い取った際、同社の特許の権利についても東レに一部譲渡された。

SRSは、LG化学が04年に独自開発したバッテリーの安全性を強化する技術。セパレーターの原反(後加工前のフィルム)にセラミックをコーティングして熱的・機械的強度を高めることで、内部短絡を防止できるようにした。

LG化学は、同技術について、07年に韓国、10年に米国、12年に中国、14年に欧州と日本でそれぞれ特許登録している。


関連国・地域: 韓国日本米国
関連業種: 電機その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

データセンター事業が急成長 クラウド需要増、アジア2位狙う(20:18)

コロナ感染者、8カ月ぶり500人超(20:04)

韓銀がGDP1.1%に上方修正、金利は凍結(17:55)

ウリ銀が固定費圧縮、3年で1000人削減(20:11)

ネイバーの検索サービス、日本再進出か(17:53)

テイクオフ:韓国随一の予備校街とし…(11/26)

JNCがSKと有機EL合弁 事業特化、日韓の強み生かす(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン