済南に「水素バレー」、燃料電池車に重点

水素エネルギーの普及に力を入れている山東省政府は、済南市に整備を進めている「新旧エネルギー転換先行区」に面積20平方キロメートルの「中国水素バレー」を設ける計画だ。証券日報(電子版)が27日伝えた。 水素バレーの詳細構想は、このほど済南市で開かれた「2019水素エネルギ…

関連国・地域: 中国-山東
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中ASEAN特別外相会議、きょう開催(02/20)

企業救済へ社会保険料を免除 最大5カ月、雇用悪化に危機感(02/20)

中台間の航空貨物運賃が急騰 従来比7倍も、新型肺炎の減便で(02/20)

政府、中国との観光客の往来禁止を検討(02/20)

新型肺炎の感染、20人急増 経路つかめず、大邱に不安広がる(02/20)

【アジアの本棚】『アリババ ――世界最強のスマートビジネス』(02/20)

新型コロナ、航空各社が中国便など消毒徹底(02/20)

旅客数、2月中旬は98%減 ホテル業界、人員削減が本格化(02/20)

地方をリスクで分類、正常化への対応差別化(02/20)

大型行事の延期相次ぐ、新型肺炎拡大で(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン