済南に「水素バレー」、燃料電池車に重点

水素エネルギーの普及に力を入れている山東省政府は、済南市に整備を進めている「新旧エネルギー転換先行区」に面積20平方キロメートルの「中国水素バレー」を設ける計画だ。証券日報(電子版)が27日伝えた。 水素バレーの詳細構想は、このほど済南市で開かれた「2019水素エネルギ…

関連国・地域: 中国-山東
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中小企業、「人材採用凍結」2割=民間調査(06/24)

指定施設の隔離、短縮の動き 最短7日、国際線の増便も進む(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

車消費喚起へ新たな措置、4兆円効果見込む(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

6月の新車販売回復、減税効果と指摘(06/24)

EV用電池の原料確保へ提携進む、資源高で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン