• 印刷する

淡水化施設やダムの増設必要?干ばつ対策で

オーストラリアでは30年間にわたり干ばつが続く可能性があり、水不足に備え、淡水化施設やダムの増設、沿岸部を流れる河川を内陸部に引き込むなど、数十億豪ドル規模に上る計画を検討する必要がある――。ニューサウスウェールズ(NSW)州計画・産業・環境省の水資源部門のジム・ベントリー最高責任者が指摘した。26日付オーストラリアンが報じた。

ベントリー最高責任者はシドニーで開催された経済開発委員会の席で、NSW州政府が、シドニーの淡水化プラントの処理能力を2倍に拡大することを検討していると説明。同淡水化プラントは、シドニーで消費される水の15%を賄うことが可能だが、これをさらに拡大したい考えという。また、同州中西部にあるウィンガラ(Wyangala)・ダムについても、総額6億5,000万豪ドル(約472億円)を投じて高さを引き上げ、貯水能力を2倍に引き上げること検討していると話した。

英系の全国紙ガーディアンは先ごろ、NSW州政府がクラレンス川を含む沿岸部の河川4本について、複雑なパイプライン網やダム、揚水施設などを活用して内陸の河川につなげる計画の調査を行っていると報じていた。ただ、これを実現するには60億豪ドル以上の費用が必要になるとみられている。

ベントリー最高責任者は、「新しい大規模な水計画は、沿岸部よりも内陸部で実施される可能性が高い」とした上で、「未来の水資源の確保に向け、あらゆる選択肢を検討している」と話した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、515人に(10/01)

テイクオフ:キャンベラに行くために…(10/02)

豪の先端製造業を世界規模に 優先6分野に15億$拠出(10/02)

所得税減税前倒し、19/20年度に追加還付も(10/02)

豪富士通、西シドニーデータセンター拡張へ(10/02)

海運労組がスト中止、医薬供給には長期打撃(10/02)

シドニー空港に夜間飛行緩和案、首相は否定(10/02)

入国規制、オーストラリア・ベトナムも解除(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン