• 印刷する

テイクオフ:韓国と日本では犯罪者に…

韓国と日本では犯罪者に対する報道の仕方に差がある。例えば、犯人の扱い方。韓国では事情聴取を受ける前の容疑者を取材陣にインタビューをさせるのが普通だ。これを当地では「フォトラインに立たせる」と言う。

記憶に新しいのは、添乗員のナッツの出し方に激高し、離陸直前の飛行機をゲートに戻させた出来事で「ナッツ姫」と呼ばれた、韓進グループ総帥の長女・趙顕娥氏だろう。うつむきながら謝罪を繰り返す彼女の姿は連日報道された。

ただ、フォトラインについては「国民の怒りを助長する」といった懸念も少なくない。このほど、迷宮入りとなった30年前の連続殺人事件の真犯人が最新のDNA鑑定で明らかになった。公訴時効になっているが、実名はすでに公開されている。今後フォトラインに立つことになるかもしれないが、晒し者にすることには慎重になってもらいたいものだ。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:対話アプリ「テレグラム…(03/30)

現代自の海外生産ほぼ停止 米中で需要急減、非常経営体制へ(03/30)

新型コロナ感染者9583人、死者は152人に(03/30)

全入国者を2週間隔離、4月1日から実施へ(03/30)

新型コロナ、中小の64%が「深刻な打撃」(03/30)

3月消費者心理指数、コロナで09年以来最低(03/30)

韓進「お家騒動」、株主総会で弟に軍配(03/30)

中国の入国禁止措置、韓国企業にも打撃(03/30)

サムスン電子、「2.5%賃上げ」で合意(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン