ヤンゴン管区、149件の来年度事業案提出

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区政府のミン・タウン計画・財務相は18日、管区議会に2019年度(19年10月~20年9月)の事業案を提出した。継続または新規の149件が含まれている。電子メディアのイラワジが19日伝えた。 同相によると、149件のうち80件は、インフラ開発な…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(21:38)

FPT、ミャンマーで銀行間送金システム(10/11)

ベトナム・ミャンマー激増、日本語教育機関(10/11)

中国への天然ガス輸出量、国内消費の4倍(10/10)

【縫製産業の未来】存在感増す中韓企業に危機感 マツオカ(下)貧しさ根付く産業(10/10)

MAB銀、カード保有者対象にポイント制度(10/10)

ヤンゴン管区、工業・住宅用地を3期で販売(10/10)

モッタマの鉄骨高層ビル、来年6~7月開業(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン