• 印刷する

アルゼンチン産豆かす、来年初にも輸入開始

中国政府はこのほど、大豆かすの輸入に関する協定をアルゼンチン政府と結んだ。早ければ2020年の年明けにも、最初の中国向け大豆かすがアルゼンチンから出荷される見通しだ。18日付第一財経日報が伝えた。

大豆から油を絞り取ったあとのかすを粉砕して作られる大豆かすは、家畜や魚の飼料として用いられ、中国は世界最大の消費国。アルゼンチンは世界最大の大豆かすの輸出国であることから、今回の輸入解禁によって中国は国内における大豆かす供給の安定性を高めることができる。

アルゼンチンの大豆かす輸出量は年間約3,000万トンで、中国の年間消費量は7,000万トン前後。中国はアルゼンチンから毎年700万~800万トンの大豆を輸入しており、今年も同国の大豆輸出の8割を受け入れる最大の輸入国だが、大豆かすについてはこれまで主にアジア地域の国から少量を買い入れるだけだった。

新華社電によると、中国の鄒肖力・駐アルゼンチン大使は、中国が近年、サクランボやブルーベリー、ブドウ、牛肉、羊肉、豚肉などのアルゼンチン産農畜産物を相次いで輸入解禁していることを指摘。こうした動きは、両国にとって相互利益をもたらすものだと強調した。


関連国・地域: 中国-全国中南米
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ数年、車載電池大手…(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

6月の新車販売11.6%増 過去最高、回復の勢い鮮明(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

エクアドルの輸入エビ、コロナ検査で陽性(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

北方での洪水にも警戒、国務院の常務会議(07/13)

ラーガン、3Qは「大半の顧客が発注減」(07/13)

米、対中第2段階「ない」=貿易協議(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン